ベトナムってどうなん?

ベトナム人嫁と暮らしながらベトナムを考える

ベトナム語が分からなくてもいい十分な理由

ベトナム在住の日本人は年々増加していますが、日本人のベトナム語話者数は在住数の増加と比べるとかなり緩やかな勾配です。

そもそも日本でベトナム語を学習してベトナムに来る人はほんの一握りです。ほとんどの人はベトナムに来てから初めてベトナム語を学習するわけです。いや、むしろベトナムに来ても全くベトナム語を学ばない人も普通にいます。特にそれ自体は責められるべきものでもないと思います。

 

例えば駐在員の方やその帯同者、あるいはあらかじめ期限を定めてベトナムに在住している人にとってはどうしてもベトナム語を学ぶメリットを考えてしまいます。世界広しといえどベトナム語越僑などを除きベトナム国内でのみ通用する外国語。よほどベトナムまたは言語に興味のある方以外はベトナム語を学ぼうとは思わないでしょう。

 

一方長期でベトナムに在住している方でもベトナム語が分からない人は普通にいます。ほとんどの方は勉強してみたが難しいから挫折したという感じです。ベトナム語は世界で最も発音しにくい言語の一つに数えられていますから、初学習者(日本人にとっては)にとって挫折しやすい言語になるのだと思います。

f:id:dtbh:20170807235956j:plain

考えてもみてください。現地に住んでいて、その国の言葉をちょっと勉強したら、それをすぐ実践で使ってみたいと思うのが普通ですよね?で、使ってみたものの現地人に全く理解してもらえず「は?」と言われる始末。そりゃ気持ちが萎えるってもんです。

どんな外国語でも発音の壁があるもので複雑な音声というのはあるものですが、とりわけベトナム語では最初の挨拶レベルからその壁にぶち当たってしまうわけです。

 

なのでそこを粘り強く、ある意味ストイックに学習し続ければ、ある日トンネルから出るときが来るんですが、

「そもそも、英語とか日本語で十分生活できるわけだから別に無理に勉強しなくてもいっか。」となるわけです。

 

つまり日本人にとってベトナムベトナム語が分からなければどうにもならないというような国ではないということです。