ベトナムってどうなん?

ベトナム人嫁と暮らしながらベトナムを考える

ベトナムの食犬文化を考える

f:id:dtbh:20180510154323j:plain

中国が犬を食べると言うのは有名な話かと思いますが、ベトナムでも北部を中心に犬を食べます。と言っても最近では食べる層が限られてきていますので、出会うベトナム人皆が犬を食べているのかというとそうでもありません。今回はベトナムの食犬文化にスポットを当てて考えてみます。

 

まずベトナム全土でいうと南へ行くほど犬を食べる人の割合は少なくなります。これは単純に北部のほうが中国の文化の影響が強いということと、南部は長く西欧圏の影響を受けているという事情からです。

次に食べる層ですが、現在では若者を中心に食べる層が減少しています。これはまず犬を可愛がる愛玩としての地位が確立されつつある背景や、食べることによる健康的なリスクが近年指摘されているからです。恐らく将来的にも犬肉の消費量は右肩下がりになるのではと思われます。

 

また犬肉は基本お酒のアテに食べられることも多いので、酒飲み以外にはあまり好まれない傾向があります。ごはんのおかずにもなりませんので、一般の食卓に並ぶのは都心部ではあまりないのが実情。

 

因みに私は犬肉を食べようと思えば食べられます。まあ付き合いの流れで出てきたら食べられるという範囲です。で、ベトナム人も外国人は犬を食べないというのが何となく分かっているので、抵抗なく食べていたら「この外国人、中々通だな」みたいな眼差しを受けることもあります。(実際ベトナム人は他国にないような料理や酒を受け入れられる外国人に対して、物凄く好意的に接してくる)

 

この犬肉を食べる習慣ですが、毎月旧暦の月始め3日ほどは食べてはいけない時期とされており、店も営業をしません。どうも旧暦を軸に月末に食べて厄を落とすといった迷信が信仰されているようで、月初めに食べると逆に厄を背負ってしまうのだとか。田舎では今でもこの手の考えが根付いています。

 

しかし冒頭に書いたように近年では若い層の犬肉離れが進んでいます。現在でも食べる人と食べない人の住み分けがありますから、在住の日本人でも普通に生活していれば犬肉をお目にかかったことがないと言う人もたくさんいます。(ローカルの市場とかちょっと路地に入ったりしたら普通に売られてるんですけどね)

 

ベトナム人に関して言うと、都会的な人ほど犬肉を食べないというのが私の中での専らな印象です。