ベトナムってどうなん?

ベトナム人嫁と暮らしながらベトナムを考える

ベトナム人と日本人の金銭意識

f:id:dtbh:20171106153421j:plain

ベトナムでは一般に家計は嫁が管理をしますが、私の家庭では私が管理を全部しています。これにはちゃんとした理由がありまして、あまり日本の金銭事情に詳しくない嫁に家計をすべて任せるのは少し不安だというところに依ります。

一応嫁の名誉のために言っておくと、嫁が浪費家というわけでは決してありません。ただ嫁は日本で急な出費が発生する場合、いくらぐらい必要かという目安が分からないため、いざというときの蓄えの計算が難しいだろうという私の判断です。

 

例えばベトナムでは友人の結婚式に呼ばれても祝儀は1000円程度。どんなに高くても5000円もしません。一方日本は最低でも3万円。もしベトナムの感覚で貯蓄されると全然足りなくなってしまいます。また私の場合、日本の住民票は抜いても任意で国民年金を払い続けています。その1か月分の額は法令で定めるハノイの最低月収分ぐらいなわけですから、普通のベトナム人の感覚では考えられません。なので私が管理するのが一番確実だというわけです。もちろん私が使い込みをするようなダメ男だったら元も子もありませんが、そこはちゃんと私を信頼してくれている嫁に感謝です。

 

あとベトナム人は将来のことを考えて貯金するより今の生活の彩を派手にするほうに傾く人が多い傾向にあります。(数十年スパンで出費の概算などを考えることが苦手)だから私もよく友人からそれだけお金があるのなら、もっといいマンションに引っ越せばいいとか、車を買えなどといったようなことをよく言われます。

まさに先程言った日本側での必要になるかもしれない出費を何も考えない上での意見という感じです。まあ日本で生活をしたことがあるベトナム人だったら多かれ少なかれ日本の事情を分かっているので、そんなことは言ってきませんけど。

 

ですので嫁には給料と毎月いくら積み立てしているかということだけ伝えて、お金の出し入れはすべて私がするようにしています。私の身内では今のところありませんが、ちょこちょこ親族がお金の無心に来るなんてのもよく聞く話ですし、少額なら問題ないと思われるのも困りますからね。

嫁や親族を信じていないというわけではないんですが、内容は何であれ家計のお金の出し入れを一切把握せずにベトナムで生活するなんてことは私にはできないということです。