ベトナムってどうなん?

ベトナム人嫁と暮らしながらベトナムを考える

パンストの伝線を気にしないベトナム女子

ハノイもようやく肌寒くなってきました。日本人にとって過ごしやすい季節の到来です。ベトナム人は日本人より体感温度が低いのか、少し寒くなっただけで「そんなに着込むか!?」というぐらい着込みます。バイクに乗っているから風が冷たいというのも分かるんですが、私がまだワイシャツ一枚でバイクに乗っているのに対してコートとマフラーはやりすぎです。

 

f:id:dtbh:20171106121844j:plain

さて、前から気になっていたんですがベトナム女子のパンスト事情です。何か変態みたいですけど、決してそういう観点ではなくて単純にベトナムでのパンストの役割についてです。数年前からベトナムに移り住んで何となく違和感を感じていたのは、

 

ベトナムの女の子ってやたら生足が多いなぁ」

 

ということ。

 

 

例えば街で遊んでいる女の子やローカルの食堂で働いている人は別に気にならないのですが、公官庁や銀行、オフィスビルで働くOLなど、年齢を問わず全員が生足なのは日本ではありえないので違和感ありありでした。それこそ制服などで着用を強要されない限りは履くことがありません。寒い時以外は。。。

 

つまり当地ではパンストはあくまで防寒のためであって身だしなみとか脚を綺麗に見せるためといった考え方は二の次です。現地の女性からしたら

 

「こんな高温多湿な国で汗かきながらパンストなんか履けるかボケ!」

 

というところなんでしょうが、日本のオフィスがデフォルトの私には、特におばさんの生足について少々不快です。で、北部(ハノイ)のように寒くなりだすとパンスト女子が出没してきます。

そこでやっとタイトルになるのですが、こちらの女性はパンストが少々伝線したぐらいでは買い替えません。替えのパンストを準備しているOLなんてのも聞いたことがありません。

私の嫁も伝線したパンストを履いていたので、買い替えろと言ったところ、もったいないと言われてしまいました。物持ちがいいということだけでは片づけられないこのやり取り。とりあえずベトナム社会では今のところそれが普通なので許すとして、

 

「日本では伝線したパンストは履くなよ」

 

とだけ言っておきました。