ベトナムってどうなん?

ベトナム人嫁と暮らしながらベトナムを考える

ベトナムの茹で野菜に物申す!

野菜に含まれる栄養素を一番損なうことなく食べる方法は温野菜であると何かの本で読んだことがあります。生よりも蒸して食べるほうがいいのだと。あと余計な調味料を使わずに煮ることもいいのだそうな。

f:id:dtbh:20180308193451j:plain

ベトナムで伝統的?な料理で「rau luộc(ザウ ルオック)=煮野菜」というものがあります。料理といっていいものか、調理法はただ煮るだけ。たまに塩を入れこともありますが、とにかく沸騰した湯の中に空心菜とか白菜とか何でもいいから野菜をぶち込んで、柔らかくなるまで煮るといういたってシンプルなものです。もちろん味はダイレクトにその野菜の味ですから、食べるときにベトナムの調味料(ヌクマムやヌクトゥオン)などをつけて、味をごまかしながら食べるわけです。正直これを美味いと思って食べている人はベトナム人でもあまりいないんじゃないのでしょうか。栄養摂取や箸休め的なものとして食べているようにも見えます。

因みにこれが日常の食卓に並ぶのはどこの家庭でも同じですが、外国人の場合、これを抵抗なく食べられるかどうかも、ベトナムの家庭料理をクリアできるかの一つの判断材料にもなります。

 

家庭料理ということですので、観光客が行くようなレストランには通常メニューにありませんが、大衆食堂(cơm bình dân)へ行けば必ずあります。

 

さて、ベトナムの女の子で時々「私の得意料理は煮野菜」と答える人がいます。これは自虐的に料理が上手くないと言っているわけで、「野菜を味付けなしで煮ることしかできないわ」という意味合いになります。ベトナムの年頃の女の子は誰でも料理ができるのが普通でしたが、最近では20代の子を中心に徐々に料理を知らない子が出てきているようです。流石に私でも毎日家で煮野菜ばっかり食わされていたらキレると思いますので、そこは嫁に感謝したいところ。

 

ところでこの野菜を煮た煮汁を付け合わせで飲むんですが、ベトナム人が最後にご飯を食べるときにこの煮汁といっしょにかき込みます。名前を「canh(カイン)」と言いますが、みそ汁のようなものかと言われるとそんな手の込んだものではありません。正直不味いです。こればっかりは私も好んで飲みません。