ベトナムってどうなん?

ベトナム人嫁と暮らしながらベトナムを考える

ベトナム語でnướcとは?

ベトナム語ついての話です。

ベトナム語を学習するときに初期の頃から登場する「nước」という単語があります。「水」や「国」という意味ですが、習いたての時期には少し発音が難しい単語でもあります。

 

f:id:dtbh:20180105230548j:plain

この単語で「水」という意味合いで使われる場合ですが、どうも日本語の水と完全な互換性があるというわけではなさそうです。普段生活しているとよく聞くことがあるのですが、ベトナム語でnướcと言われても必ずしも水を指すわけではないとのこと。

この単語自体にはまず液体であることが前提で、ときにはお茶などに対しても使われることがあります。とはいってもお茶の定義も日本語のお茶とは少し異なり、特定の葉から漉された飲み物のみをお茶と呼ぶそうなので、その特定の葉に属さないお茶のような飲み物に対してnướcと呼んでいるようです。

なので以前私が家にいたときに、嫁からnướcを飲むかと聞かれましたが、それを水と解釈した私は断りました。しかし嫁はそのお茶のようなものを飲んでいるので、すかさず私は


「水じゃなくてお茶やんけ!」


とツッコんだんですが、


「お茶ちゃうし。」


と言われてしまいました。

その時に初めて上記のようなことに気づいたわけです。

 

こういった内容が説明されているベトナム語の参考書はありませんので、やはり生活から学ぶ語学というのは貴重だなぁと改めて実感します。子どもの語学習得にも言えることですが、生活の延長で学んだ言葉というのは忘れないものです。