ベトナムってどうなん?

ベトナム人嫁と暮らしながらベトナムを考える

間接キスを気にしないベトナム人

f:id:dtbh:20171213121139g:plain

ローカル色が強ければ強いほどコップなどの回し飲みが普通になるベトナム。場所によっては衛生的に受け付けられないと思うことが多々あります。

 

まず間接キスを気にするかどうかですが、私の場合自分の身内であればまあ許せるという範囲です。日本人の場合、人によっては身内でもNGという人もいれば、すごく親しい友達までOKという人もいるかもしれません。

一方ベトナムではこのOKの範囲が限りなく広いということ。田舎へ行けばいくほどこの辺の意識が顕著にでてきます。

 

この使ったコップを洗うかどうかというところからですが、ベトナムのローカル食堂あるいは田舎の家庭では、水やお茶の場合コップは使うたびに洗わないのが普通です。私の嫁の実家でもその傾向があります。私が来たときに水を出してくれることがあるのですが、飲み終えたコップをそのまま棚に戻します。感覚としては水などの場合、目に見えて汚れるわけではないから一日1回洗えば十分だろうという感じでしょうか。しかしそういう事情を知っている私にとってはどうも抵抗があります。

因みに嫁と結婚したてのころは私の家庭でも嫁は同じことをしようとしましたが、そこはしっかり是正しました。

 

「コップは使ったら、都度洗いなさい。」

 

と。今では嫁もそれが普通になったので、逆に洗わなければ違和感を感じるようになりました。習慣とはそんなものです。

しかしここまでの話は家庭内のことですのでまだいいんですが、会社(特にローカル企業)でもこの傾向があるので厄介です。職場に水を飲むためのコップが置いてあるのですが、そのコップが共用で洗わずそのまま使用しているパターンです。

私の職場は日系なのでそんなことはないのですが、ときどきローカル企業へお邪魔して水を出されると、どうにもそのことが頭をよぎります。

正直コップを使わずペットボトルの水をそのまま出してもらえるほうが安心します。

 

またローカルの食堂では店先に飲食を終えた人用のお茶が置かれているのですが、これもコップは都度洗われていません。どんなおっさんが使用したか分からないコップを使う気にはなりませんので、このサービスは毎度スルー。嫁もさすがにこのコップは気持ち悪いから使わないとのことです。

 

私はベトナムではかなりキレイ好きな部類になりますが、この感覚だけは何年ベトナムに住もうが保ち続けなければと自分に言い聞かせています。