ベトナムってどうなん?

ベトナム人嫁と暮らしながらベトナムを考える

ベトナムで感じた日本の集団登校の素晴らしさ

          f:id:dtbh:20171130212149j:plain

登下校の時間帯になると学校の前がやたら渋滞するベトナム。子どもの送り迎えで大量のバイク(&少しの車)が一気に校門前に押し寄せることに起因します。そんな渋滞に巻き込まれてバイク通勤する私がいつも感じることは、

 

「お前ら歩いて通学しろ!」

 

ということ。郊外で学校まで数㎞の道なりとかならまだ分かります。以前ベトナム人はあまり歩かないという記事を書きましたが、そもそもどうして親がバイクで送り迎えをするのか。その理由は主に以下の2つのようです。

 

①子どもだけの通学は危険

気持ちは分かります。ベトナムは交通道徳が悪く、子どもが安心して歩けるようなガードレール付きの歩道なんてのもありません。愛する子どもにもしものことがあったらなんて思うのも親なら当然でしょう。

 

②バイクの方が早いし楽だから

甘やかしすぎです。小学生でも1㎞程度なら十分徒歩圏内だろうと。そもそも登下校の徒歩も子どもにとっては十分な運動でして、登下校時に経験する様々なことも子どもの成長に寄与しています。②の理屈は私は納得できません。

 

f:id:dtbh:20171130212332j:plain

改めて登下校に関して日本の集団登校のシステムはよくできているなぁと思いました。高学年のお兄さんお姉さんが年少の小学生の面倒を見ながら列になって学校へ向かう。途中危険な道路の横断には当番の保護者が旗を持って誘導するなど、地域ぐるみで子ども安全な登校を支える仕組みがあります。

当時はいちいち集団で学校に行かなければならないことに面倒臭さを感じておりましたが、大人目線で改めて振り返ると子どもの教育という点も踏まえて大事なことだったのかなぁと感じられます。

 

しかし最近では日本でも地域性が希薄になっており、この集団登校が実施されていない地域も多いのだとか。私の実家の校区では今でも継続していますが、ベトナムにいなければ改めて集団登校制度について振り返るということもなかったでしょう。