ベトナムってどうなん?

ベトナム人嫁と暮らしながらベトナムを考える

ベトナムで不良品をつかまされたとき

ベトナムで買い物をした時に不良品をつかまされることは往々にしてあります。そのときにちゃんと然るべきものを証明できれば取り替えてもらうことはさほど難しくはないのですが、店側からの誠意や謝罪まで求めるのはこちらでは考えないほうがいいでしょう。店側の言い分からしたら、

「運が悪かったね」とか「ちゃんと見ないで買ったあんたが悪いんでしょ?」ぐらいなものです。そこで目くじらを立ててたら話が進まないのですが、こんなやり取りから日本にいたときを思い出します。

 

f:id:dtbh:20180314152718j:plain

日本にいたときは某大手の小売店で働いていたのですが、一応名前の知らない人はいないぐらいの企業です。安売りを商売文句にしていたので、様々な所得層の人が買いにきていたわけですが、そこで不良品を買わされたときの店員に対する物言いや態度がモロに人を表すと経験できた期間でした。

 

このケース、日本で怒る人には2パターンあり、不良品を買わされたということに対して怒る人と、その際の店側の応対に対して怒る人がいます。後者については店側の人的な理由なので、店側としては反省すべきでしょう。

一方で不良品を買わされたという事実から有無を言わさず店頭でわめき散らす人もいます。企業としては客に迷惑をかけたわけですから、もちろん謝罪の姿勢は必要ですが、冷静に一人の人間として見ていると中々悲しい人もいます。私が就業中に感じた痛いクレーマーは以下の通り。

 

①自分の会社での地位をなぜか言う

「俺は経営者だぞ!」とか「おれは役員やってるんだ!」と会社内での地位をキレながら言う人。同じ消費者というくくりで平社員か役職者かで店側の対応が変わるとでも思ってるのでしょうか?

 

②法律用語を言い出す

とりあえず訴える系のフレーズを出せば無茶な要求でも店側がビビッて飲み込むと考えているのかと。実際店側は無茶なクレーマーに対して断固法的に戦えるための研修を受けてたりします。なので正直ビビる要素がありません。というかそういうことを言う輩に限ってなんちゃって法律ばかりを並べて、内容が間違っています。

 

③評判を落とすような脅しをかける

適切な使用をせずに物が壊れたというクレームは日常茶飯事ですが、中には取扱説明書に丁寧に記載があるにも関わらず、意味の分からない使い方をして壊れたと言ってくるのもいます。30分に渡る交戦の後、「ネット上にお前のことをめちゃめちゃに書いたるからな!!」と捨て台詞を吐いて帰っていきました。

 

④「誠意を見せろ」という無茶ぶり

このフレーズをいう人は結局お金かと。どれだけ謝罪しようが誠意にはなりません。最終的に商品対価の返金をしたときは悔しかったですね。更にこれまでのクレームに費やした時間を時給換算にして追加要求してきたときは本気でキレかけました。

 

とまあベトナムの店から話が逸れましたが、要は日本の場合店側が圧倒的に弱い立場を社会通念上強いられてるように感じるわけです。ベトナムではよくも悪くもカジュアルなんで、いい客にはきちんと接するし、うっとい客にはキレることもあります。

 

「お客様は神様というのは店側が勝手に意識することであって、お前ら自身は決して神じゃないからな。」Byタレントのヒロミ

 

良いこと言います。