ベトナムってどうなん?

ベトナム人嫁と暮らしながらベトナムを考える

ベトナム人でも直箸を嫌う人はいる

ベトナム人は直箸で鍋をつつくから一緒に食べたくないという旨の記事を読みました。本題に入る前に少し鍋での直箸について個人的に振り返ってみます。

f:id:dtbh:20180105180022j:plain

まず鍋を食べるときに直箸をされると食べられないというような悩みを昔日本で聞いたことがあります。確か私がまだ小学生のころだったと記憶しています。

当時は直箸が無理というのは潔癖症みたいな扱いでしたが、現在ではそんな人も普通にいるだろうというのが私の認識です。かく言う私自身も身内や気の知れた仲間同士以外の人に直箸で鍋を食べられると正直抵抗があります。ただ身内や気の知れた仲間以外と鍋をつつくとしたら圧倒的に職場ということになるのでしょうが、日本にいたときは職場でそういう機会に接することがありませんでした。

 

さてここからが本題です。ベトナム人が鍋を食べるときに直箸をするかどうかという話ですが、正直人によります。思いっきりざっくりとした言い方をすると、やはり田舎へ行けばいくほど直箸をする人が多い印象です。一方都市部ではその直箸に抵抗を持つ人もいるようで、一概に全員が直箸で鍋をつつくというわけではありません。因みに私の嫁もアンチ直箸で、職場で食べる鍋は男性上司が直箸をするから食べたくないと言ってました。

私の職場でも女性が多いからかもしれませんが、皆取り箸を使って小皿に入れています。本人が気にするかどうかは別として、一応遠慮する気遣いはあるんでしょう。一方いかにも田舎から出てきた人が多いようなローカル企業の集まりで鍋を食べたときには直箸組がほとんどでした。鍋の焦げ付きを取るために直箸で鍋の底を削りながらぐちゃぐちゃかき回し始めたときは、さすがの私も気持ち悪いと思ったものです。

 

前回の記事で間接キスについて書きましたが、やはりその辺りの感覚は都市部と田舎で差がありそうで、その人の日頃の生活習慣に関連しているようです。私の出身である大阪でもかつては串カツのソースの2度付けは当たり前だったと父から聞かされています。これも今では「2度付け禁止」が普通になっていますが、やはり当時は特に気にならなかったと言っていました。

髪も昔は毎日洗わなかったそうですから、やはりベトナムでも時間が経つに応じて認識が変わってくると思われます。

 

 関連記事:

dtbh.hatenablog.com