ベトナムってどうなん?

ベトナム人嫁と暮らしながらベトナムを考える

ベトナムのタクシーにも色んなのがいる

ベトナムのタクシーに関するブログ記事や情報はとても多いです。どれも的を射たことを書いていて、私から特にタクシーに乗るときの注意点などを書き加えるようなものはありません。

そういった情報系の記事には悪徳タクシーの被害に遭わないための方法が書いてあるのが殆どですが、今回は少し違った視点で真面目なローカルタクシードライバーについて書いてみようと思います。

在住者でも悪質なタクシーにやられるケースはもちろんあります。なのでタクシーに対する目線もある程度厳しいものにならざるをえないんですが、ボッタくらずに真面目に働いているドライバーにとっては迷惑な話です。

 

f:id:dtbh:20170830182653j:plain

・一部の悪質なタクシーのせいで迷惑している真面目なドライバー

ハノイではタクシーの通行が禁止されている通りというのがいくつかあるのですが、その事情を知らない人(特に外国人)には一見遠回りされているような感じがします。私はハノイの地理には明るいのでそういったことも分かっているのですが、真面目なドライバーは自分が遠回りをしているわけじゃない旨をきっちり説明してきます。彼らにとってもあらぬ疑いを持たれたくはないのでしょう。ただしローカルドライバーはベトナム語しか話せないので、外国人相手にはなかなか説明が難しい部分もあるかと思います。

 

・覆面タクシーの存在

一見白タクと思いきや、実はちゃんとしたタクシー会社というケースもあります。上で書いた通りタクシーが入れない通りというのがあるんですが、その規制をすり抜けるための覆面塗装というわけです。道路の規制をすり抜けるという意味では悪いことですが、利用者にとっては最短ルートで目的地まで運んでくれるありがたい存在です。

 

・外国人をカモにしない白タク

「白タク=悪いタクシー」とも限りません。副業で日銭を稼ごうとする人は寧ろタクシー会社の平均よりも安い言い値で向かってくれるのもいたりします。昔、私がハノイ市内の端から端まで移動するときに10万ドンで行ってくれたドライバーがいました。普通のタクシーなら20万ドンぐらいする距離です。ただし最近ではウーバーの出現により以前と比べて利用者が減っているとのこと。

 

 

外国人を狙った悪いタクシーはもちろんいますが、以上のような真面目なドライバーが取り上げられることはあまりないので、この場を借りて紹介しておきます。