ベトナムってどうなん?

ベトナム人嫁と暮らしながらベトナムを考える

ベトナム色白至上主義

f:id:dtbh:20170826175947j:plain

とにかく日焼けを恐れるベトナム女性。上の写真のようにバイクに乗るときの日焼け止め対策は完璧です。こんな格好で知り合いにあっても当然誰かは認識することができません。

 

ベトナムでは色白信仰が絶対なので、生まれつき肌が白い人は全力で白さを保つように努め、もともと白くない人でもこれ以上黒くならないように日焼け対策をしっかり行います。テレビで見る女優など、ベトナム社会で美人と言われるのは色白なのが絶対条件なんですが、色黒でも美人の人は世の中にいるものです。でもこちらの社会では黒い時点ですでに美人の土俵にはあがれないのだとか。。。

 

そもそもベトナムでは色黒の人は貧しい農村の人というイメージがあり、生活が豊かでない人とみなされるケースもあるようです。一方色白の人は農作業に従事する必要がないぐらい裕福な人や都会的で洗練されているような人という印象を抱かれやすいようで、これは男女どちらにも当てはまるそうです。

 

そもそもベトナム人のルーツは中国からの血統を継いでいる人も多く、遺伝的に色白の人も結構います。なまじ隣のカンボジアのように全員がある程度色黒であればそういった肌の色の意識も生まれないんでしょうが、中途半端に混在しているからこそ、色白至上主義ができあがってしまったんでしょう。

先日オフィス街を歩いていたときに、初めは曇っていたんですが急に雲の割れ目から日光が差し込んできたことがありました。その途端周りを歩いていた女子は一斉に、

 

「キャーーー!」

 

といって陰のあるところまで走っていきました。この光景にはさすがに私も

 

「こいつらバンパイアか!」

 

とツッコんでしまったものです。

 

 

 

因みにベトナム人の女の子も色白の男のほうが好きなようで、理由は上に書いたことと同じようです。ベトナム人の男友達に

 

「色白でブサイクな子と色黒で可愛い子やったらどっちがいいん?」

 

と聞いてみたところ、

 

「それはナンセンスな質問だよ。」

 

と返されてしまいました。どういう意味や???