ベトナムってどうなん?

ベトナム人嫁と暮らしながらベトナムを考える

そもそもどうやってベトナム人の嫁と出会ったか③

そもそもどうやってベトナム人の嫁と出会ったか②の続きです。 私が初めて家主の親族の家(今でいう嫁の実家)に行ったときには既に大勢の親族が集まって酒盛りが始まっている状態でした。初めて私を見る人は家主が連れてきた新しい彼氏だと思っていたので(…

ベトナム女性が恐妻家と言われる原因

ベトナム人女性を言い表した言葉で 「結婚前は子猫で結婚後は虎になり、最後は龍になる」 というのを何かの本で見たことがあります。 ベトナム人妻を持つ日本人はこれに関する質問を受けることが多いようですが、私の場合はまだ結婚して日が浅いことと、年齢…

ベトナムで風邪をひいたら困る

先週風邪をひいてしまいました。 日本にいたときは風邪を引きかけてもこじらせることはなく、すぐに治すことができたのですが、こちらでは一度ひいてしまうと治るのに時間がかかってしまうので困ります。 皆さんは風邪のひき始めにはどんな治し方をするでし…

ベトナムの残業に対する考え方

ブラック企業という言葉が有名になった日本社会では、サービス残業を当たり前視するような風潮が昔と比べて和らいできたように思います。依然労働環境が最悪な会社はまだまだ日本にたくさんあると推察しますが、現代のネット社会ではそういった実態は白日の…

彼氏の存在を隠すベトナム女子も多い

ベトナムでは初対面であっても彼氏または彼女がいるかを聞くことは珍しくありません。最初の自己紹介のやり取りでそんな質問が出ることは寧ろ普通ですし、年頃の人であれば尚更です。 この質問に対し女性の場合「いません」とか「まだです」と答える女の子も…

ヒンバ族からベトナムの映像規制を実感

先日ベトナムのローカル番組でアフリカのヒンバ族が紹介されていました。日本でも時々テレビで紹介されたりしていますので、見たことがある方も多いかもしれません。 この部族は特殊なクリームのようなものを肌に塗っていることにより全体的に体が赤みがかっ…

ベトナム人の裸足に対する感覚

s 熱帯地域ではサンダル履きが中心になるので、必然的に素足でいる機会が多くなります。これは日本の夏と同じような感覚で、靴下を履いて靴で歩き回るのはあまり好まれません。 ただベトナムの場合サンダルすら履かずに素足で外を歩き回る人達が結構います。…

ベトナム人嫁が考える日本の安全性について

先日自宅でテレビのニュースを見ていると、北朝鮮から日本近海へミサイルが発射されたニュースを報道していました。あくまでベトナムから見た報道なので、客観的な事実しか伝えられてはいないのですが、日本人の夫をもつ嫁からしたらこの話題は看過できない…

ベトナムの公務員に対する規定が今更過ぎる

公務員というと民間よりも緩いイメージが付きまとうのが日本ですが、国民の税金が使用されているということもあり、日ごろからの立ち居振る舞いは全国民から見られている立場というのも事実です。それこそ何か不祥事を起こそうものならあらゆる方面から非難…

ベトナム人の巨乳を素直に見れない

ベトナム人は肥満の割合が極端に低いことは以前述べました。簡単におさらいすると肥満の割合は全体の0.3%程度。アメリカが30%で日本が3%ですからそれがどのくらいのものか想像がつくかと思います。 その肥満率の低さの理由をどこかのサイトでよく香草を食…

ベトナム人の名前の由来

日本は名前を付けるときに何かしらの由来があるのが一般的ですよね。私は珍しい名前の人を見たとき、漢字から由来を考えたり、どんな意味なんだろうなぁーと結構気になるタチです。 一方ベトナム人に自分の名前の由来を聞いて見ると、 「知らない」 という返…

ベトナム人の成金を見て昔の日本を考える

ベトナムに住んでいる人ならベトナム人の富裕層、つまり成金を目にする機会は往々にしてあります。ベトナムで古くからの富裕層というと共産党絡みの人や、医者や弁護士といったそれなりの社会的権力者が占めていたのですが、最近では市場の開放により一代で…

自撮り大好きベトナム人

ベトナムでは自撮りをしている人をよく見かけます。場所がどこだろうが関係ありません。カフェだろうが、映画館だろうが、自宅だろうが、いつでもどこでもパシャパシャ撮っては、気が済むまで撮り続けています。 じゃあ何で自撮りをそんなにするのかというと…

日本とベトナムの架け橋、日越友好?

大層なタイトルですが、内容はベトナムで働いている日本人についてです。ベトナムで働いている日本人は日本の本社からの出向命令を受けて仕方なしに来ている人もいますし、自ら望んで当地に赴いて日々奮闘している方もいらっしゃいます。ベトナムに居る経緯…

ベトナムでも無免許、飲酒運転は違反なんだが…

何度も言ってますが、ベトナムはバイク社会。最近では車の数もかなり増えてきましたが、今でも主役は断然バイクです。電車などのインフラ基盤が発達してないこともあり、通勤はバイクというのが主流です。外国人であっても私のように当地に根付いて生活して…

日本のAVの影響を受けるベトナム人

以前日本のセクシー女優がベトナムで有名だという記事を書きました。これってつまり日本のAVがベトナムで見られているっていうことなんですよね。もちろん公にはポルノが禁止の国ですから、インターネット経由で閲覧していることになります。 しかしAVは…

ベトナムのタクシーにも色んなのがいる

ベトナムのタクシーに関するブログ記事や情報はとても多いです。どれも的を射たことを書いていて、私から特にタクシーに乗るときの注意点などを書き加えるようなものはありません。 そういった情報系の記事には悪徳タクシーの被害に遭わないための方法が書い…

ベトナム語で「足が大きい」意味

ベトナム人の友人「日本の女子学生は足が大きいね。」 私「まあね。」 特に何も考えずにそう返答しました。ベトナム人は日本人と比べて平均身長が男女とも5㎝ぐらい低いので、足も日本人より小さめです。私は27.5㎝あるので、ベトナムでサンダルや靴を…

ベトナムって徴兵制度あるの?

ベトナムで生活していると軍隊を見る機会がよくあります。街中には軍の施設がたくさんありますし、テレビを見ていても軍隊関連の放送が頻繁にされています。 軍隊のある国では徴兵制を実施している国もたくさんあります。例えば同じ東南アジアのタイならくじ…

ベトナムでは未婚カップルの宿泊が御法度!?

ベトナムでは未婚の男女が夜22時以降、同じ部屋にいてはいけないという法律があります。とは言ってもこの法律はグレーな部分も多く、よく分からない部分が結構あります。 日本人がベトナムで現地妻のようなものを囲うために、自分のマンションへ連れ込もう…

歩かないベトナム人

ベトナムがバイク社会なのは有名な話ですが、大人になると一人一台バイクを所有して、どこに行くにもバイクで行きます。自宅から目的地までそのままバイクで乗り付けるわけですから、ほとんど歩くことがありません。 そう考えると電車通勤をしている日本人は…

ベトナム人と恋人同士になるまで

カップルの記念日でよくあるのが付き合った日の記念日。記念日好きの人の場合、付き合って何か月記念日とかいう面倒くさいのも設定していたりします。舞い上がっているカップルによく見られますが、ベトナムではこういった付き合った記念日というものは存在…

ベトナム色白至上主義

とにかく日焼けを恐れるベトナム女性。上の写真のようにバイクに乗るときの日焼け止め対策は完璧です。こんな格好で知り合いにあっても当然誰かは認識することができません。 ベトナムでは色白信仰が絶対なので、生まれつき肌が白い人は全力で白さを保つよう…

ベトナム女性の貞操観念

ベトナム人は貞操観念が強く、結婚するまで体を許さないということを信じている外国人が結構います。特に現地のベトナム人女性をよく知らない日本人は何となくそのように思っている人が多いようです。私も嫁がベトナム人ということもあり、好奇心でその辺り…

席を譲るベトナム人&譲られるベトナム人

ベトナム人の友人から 「日本人はお年寄りにあまり席を譲らないね。」 と言われたことがあります。 日本のバスや電車で高齢者に席を譲る光景は見ないこともないんですが、ベトナムのそれと比べると確かに割合は低いのは否めません。ベトナムでは高齢者(とい…

金槌が多いベトナム人

日本人と比べるとベトナム人で泳げない人の割合はかなり多いです。割合的には3~5割近く泳げないかもしれません。(特に女性) この理由は単純で、一般の公立学校にはプールがないことから必然的に水泳の授業がないためです。なので泳げる人といったらプー…

ベトナムの日本料理屋で見苦しい日本人を見る

「いらっしゃいませ~」 ベトナムで日本料理の店に入ると少し不自然な日本語でこう言われます。これはどこの店でも共通ですが、客層が日本人の方が多い店の場合、たいていこの後の接客も日本語で受けるケースが多いです。 接客の質は店の教育によって様々で…

ベトナム女子のムダ毛事情

前回書いた男子のムダ毛は鼻毛限定でしたが、ベトナムの女子で一般的にムダ毛として意識されるのはわき毛でしょうねぇ、やっぱり。。。 なので幸い年頃の女性でわき毛が生えているのは見たことがありません。いつでもノースリーブになる気候の国では一年中油…

ベトナム男子のムダ毛事情

ムダ毛と聞いてとりあえず女性の話と思った方は当地(ベトナム)においては正解だと思います。ムダ毛処理をするベトナム男子というと少数派であることは確かです。 ただ男性のムダ毛処理ってそもそもどこなのか?って疑問。日本でいうと色々な部分がでてきそ…

そういえばベトナム人の爪先って…

自分の爪先を見たときにどの指が一番長いかという話題。私は親指が一番長くてそこから小指まで順番に下がっていってる形です。日本人としてはこれが一番多いタイプなんで特に何とも思っていませんでした。 ところが大学生のときに足の人差し指が一番長い友人…

ベトナム人は声が大きいか?

タイトル通り、ベトナム人は声が大きいか? 答えはイエス。 それで終わりだと味気なさすぎるので、もう少し文化的な側面も入れて掘り下げてみます。まず騒音に関するうるささでは間違いなく日本よりうるさいです。交通のクラクションは以前にも書きましたが…

ベトナムの墓を見てモラルを考える

来月からベトナムでは旧正月にの次に大きいイベント、中秋節の時期に入ります。こういった特別な時期は先祖の墓参りをするのが一般的ですが、今日は少し墓参りについて考えました。 まずベトナムの墓ですが、まだまだ土葬が一般的な社会なので墓のサイズは日…

ベトナムの「マリアオザワ」って?

以前どこかで書きましたがベトナム国内では韓国やインドの海外ドラマが多いですから、日本の芸能人の印象は非常に薄いです。なのでそれなりに日本通のベトナム人以外は日本のメディア関係の人は全然知らないといったことになります。 しかしその一方で、ベト…

ベトナムでも勿論「嫁vs姑」はある

嫁と姑のバトルはどこでも聞きます。私の場合は私がベトナムに住んでいるので、その部分については特に気にする必要もないんですが、ベトナムの嫁vs姑というのも中々激しいものです。 ベトナムの場合、結婚したらとりあえず旦那側の両親と一緒に住むケース…

下心だけでベトナム語が上手くなるわけがない

今日は辛口な意見を少し。 以前ベトナム語が話せなくても現地で十分生活ができるという主旨の記事を書きましたが、もちろんベトナム語が話せる日本人も少ないながら一定数いらっしゃいます。 ベトナム語が話せる人は、 ①大学でベトナム語を学んでいた ②ベト…

無理にアオザイじゃなくてもいいような…

ベトナム人女性のイメージと必ずセットで出るのが伝統衣装のアオザイ。日本で言う着物と同じような扱いですが、着物よりもさらに普段から目にする機会の多い伝統衣装です。 南部では白いアオザイが女子学生の制服として指定されているところが多いですが、北…

そもそもどうやってベトナム人の嫁と出会ったか②

そもそもどうやってベトナム人の嫁と出会ったか①の続きです。 家主に連れられてバイクを走らせること30分余り。当時私はハノイの西の外れのほうに住んでいたので、地理的にはハノイの西からハノイ南西方面へ移動するような感じでした。ハノイと一言でいっ…

日本では当たり前でもベトナムでは神対応

昨日嫁とスーパーで買ってきたキムチを晩御飯のおかずにして食べていたときの話。 嫁「キャー!」 私「???」 嫁「キムチに青虫が…」 とりあえず青虫を取り除いて食べ続ける私。一方もう食べようとしない嫁。 以前野菜をネタに書き込んだときも話した通り…

日本人みたいな顔のベトナム人も多い

ベトナム人の顔と言ってもいわゆる東南アジア系の顔立ちじゃない人も多いので、ぱっと見日本人と比べてもそれほど違和感のないような見た目の人も多くいます。そういう人が日本で街を歩いていたとしても、誰もその人が外国人だとは思わないような感じです。 …

ベトナム人の嫁ぎ先

中国の一人っ子政策は皆さんもご存知だと思います。この政策の影響で現在中国では女性不足に陥っているとのこと。特に収入の低い農村部では深刻な嫁不足に悩まされているのだとか。 では、中国国内で結婚相手が見つからない人はどこへ向かうのか?その一つの…

ベトナム人夫を持つ日本人妻ってどんな感じ?

国際結婚で国別の婚姻者出身国っていうのが政府機関から発表されていますが、男女とも1位2位は中国、韓国と続いております。いくらマスコミで悪い話を流そうがやはりお隣同士。接する機会も多いですし、文化的にもなんやかんやで共通点は多いです。実際私…

女子のイジメはベトナムでも同じか?

イジメは世界どこでもあるものですが、女子のイジメは男目線で見てもかなり陰湿なものがありますよね。私も日本にいた頃に女子のイジメというものを何度か見たことがあります。学生時代から社会人になってからもありました。 ベトナムでもイジメは結構あるそ…

ベトナム語が分からなくてもいい十分な理由

ベトナム在住の日本人は年々増加していますが、日本人のベトナム語話者数は在住数の増加と比べるとかなり緩やかな勾配です。 そもそも日本でベトナム語を学習してベトナムに来る人はほんの一握りです。ほとんどの人はベトナムに来てから初めてベトナム語を学…

ベトナムでもセクハラの法律はあるらしい

あまり実感はありませんが、ベトナムでもセクハラの法律があるらしいです。なぜ実感がないかと言いますと、私目線で「それはセクハラじゃないの?」というようなやり取りがベトナム人同士で行われているのをよく目にするからです。 かつてベトナムのローカル…

ベトナムの騒音役を担うクラクション

ベトナムに限らず新興国では車のクラクションがやかましいことはよくあります。クラクション数は交通量の数に比例するので交通量が多いとそれだけやかましくなるってわけでして。。。バイク天国のベトナムはそういう意味でクラクション天国です。 そもそもク…

ハノイで血尿!?

物騒なタイトルですが、笑い話です。 少し前に2日間ほど下痢と嘔吐に苦しめられたことがありました。特に腹痛とかはなかったんですが、その間は脂っこいものを控え極力胃腸に負担をかけないようにしていました。 そんなときにあっさりとしたフルーツは食べ…

同じ露出でもベトナムでは…

ベトナムの航空会社といえばベトナム航空とLCCのベトジェット。これらの航空会社がベトナムの空を席巻しているわけですが、最近ではベトジェットの国内利用客数がベトナム航空を上回るとなど近年かなり力をつけてきているLCC会社です。 私はこのベトジ…

ベトナムの社内罰金制度

日本に住んでいると罰金を受けるといったらチョットした交通違反ぐらいじゃないでしょうか?それ以外で罰金を受けるとなると結構重い内容のような気がします。(別に交通違反が軽いってわけじゃないんですが) ベトナム資本のローカル会社と日系資本の会社の…

「ベトナム人の家族愛」と言えば聞こえはいいが…

「ベトナム人は家族愛が強い」 これはベトナム人の特性を紹介するときによく出てくるフレーズです。実際にベトナムで働く日本人にとってこの部分を理解しないと色々悩まされるケースは多いです。私も職業上、日系企業の人事関連の方からよく相談を受けます。…

ベトナムで傷だらけの脚を見たとき

今日私のオフィスの前で脚を引きずりながら歩いている女性を見ました。見ると両足にあざがあったり擦りむいた跡が多数あります。これは恐らく痕が残るんじゃなかろうかというぐらいのケガです。 「多分バイクで転んだんやろうな。。。」 この類のケガは男女…