ベトナムってどうなん?

ベトナム人嫁と暮らしながらベトナムを考える

日本とベトナムの架け橋、日越友好?

f:id:dtbh:20170904121419j:plain

大層なタイトルですが、内容はベトナムで働いている日本人についてです。ベトナムで働いている日本人は日本の本社からの出向命令を受けて仕方なしに来ている人もいますし、自ら望んで当地に赴いて日々奮闘している方もいらっしゃいます。ベトナムに居る経緯は人それぞれですし、実際の生活に関する満足度合いも人それぞれです。

 

ところで先月ある日本人からこんなフレーズを耳にしました。

「日本とベトナムの架け橋になりたい。日越友好のため~~~~~。」

 

素晴らしい大義名分に聞こえますが、実際このフレーズを言いすぎる人を見ると寧ろ胡散臭く感じていまう今日この頃。そもそも架け橋とか日越友好というものが漠然としすぎていて、「で、橋の先に何があるの?」と聞き返したくなることがあります。まあその人の口と行動が伴っていないということもあるんですが。。。

 

持論ですが、日越友好とか架け橋とかいうのは当地で正当に経済活動を行っていれば、無意識的にもその役を担っています。たとえ嫌々ベトナムに赴任している人でも日本本社からの命令で職務をしっかり全うしていれば、十分架け橋になっているでしょう。仮に全く働いていない駐在員妻であったとしても、家庭を守って夫が安心して仕事に出れるのであれば間接的に架け橋役を担っていると思います。子どもであってもベトナム人と一緒に遊んでいるだけで日越友好と言えそうなものです。

 

もちろんベトナムで私が知っている、正に架け橋とか友好役を担っている日本人の方も何人かいらっしゃいます。本当に私も尊敬する人達なんですが、そういう人達に限って「架け橋、友好」とかいう言葉を自ら口にはしないんですよね。日頃が激務すぎてそんなフレーズを口にする余裕もないのかもしれません。

 

少しとんだ話になりますが、やたらとSNSでリア充をアピールしている女子が彼氏ができた途端、更新頻度が激減したという話を思い出しました。

 

ベトナムでも無免許、飲酒運転は違反なんだが…

何度も言ってますが、ベトナムはバイク社会。最近では車の数もかなり増えてきましたが、今でも主役は断然バイクです。電車などのインフラ基盤が発達してないこともあり、通勤はバイクというのが主流です。外国人であっても私のように当地に根付いて生活している人はバイクを乗り回していることも珍しくはありません。

f:id:dtbh:20170902120022j:plain

ところで交通ルールやマナーに関してベトナムでは日本と比べてかなり適当なんですが、もちろん警察がいてるところで違反すると捕まります。日常的に一番よく見る違反理由はヘルメット不着用、信号無視といったところです。

ただ、暗黙の了解?の違反で一番多いのは飲酒運転と無免許運転のような気がします。なぜそう思うのかというと、ビアホイ(日本でいうビアガーデン)や居酒屋に全員バイクや車で乗り付けて帰っていくのが普通であることや、バイクの教習所に皆バイクで通っているという矛盾が普通にあるからです。

 

最近警察も飲酒運転の取り締まりを強化しているとかいって、道路でアルコール検査をしている映像をテレビでよく流したりしています。

ただそもそもビアホイのすぐ近くで取り締まったらそれこそ鰯の大漁のごとく釣りあがるでしょうし、同じく自動車教習所の前で取り締まれば地引網漁のごとく収穫できるはずです。

それをしないというのは、きっと何かあるのでしょうねぇ。バイクや車で乗り付ける客が取り締まりを理由に来なくなったらその店は倒産確実でしょうし、教習所も何かしらの理由があるんでしょう。。。

日本のAVの影響を受けるベトナム人

f:id:dtbh:20170831204101j:plain

以前日本のセクシー女優がベトナムで有名だという記事を書きました。これってつまり日本のAVがベトナムで見られているっていうことなんですよね。もちろん公にはポルノが禁止の国ですから、インターネット経由で閲覧していることになります。

 

しかしAVは色々誇張された世界なわけで、これを現実と混同されると日本の女性はたまったもんじゃありません。しかしAVから来る誤解というのは当地でも起きています。

例えば日本の女は皆AV女優のようなセックスをしているという誤解。中国や韓国でも日本のAVが人気ですが、同じような誤解をしていると聞いたことがあります。実際に日本人と接することがなければ本当のことを知る由もないわけですから、誤解を解くチャンスがないという…

たまにバカな日本人がAVの影響を受けてトチ狂った性犯罪を犯す奴もいるわけで、そんな奴がアジア各国に拡散されなければいいんですが。。。

 

一部そんな誤解を受けてる日本女性ですが、実はベトナム女性にもいくらか被害が及んでいるようです。これはAVを見たベトナム人男性がAV男優の真似をして過激なセックスをしようとすることに起因します。そもそもAVは基本的に男女共に演技をしているわけですが、それを真に受けてしまう人が相当数いるようです。まあ日本でも余り女性経験のない男でこういった勘違いをしてる人は結構いますから、よく分かります。

こんな感じで彼氏または旦那とセックスしたくないという女性もいるのだとか。

 

しかし、こういった現象があることを聞いてふと疑問が生まれました。

 

「日本人の男も皆AV男優みたいなセックスをしてると思われてるんかな??」

 

ベトナムのタクシーにも色んなのがいる

ベトナムのタクシーに関するブログ記事や情報はとても多いです。どれも的を射たことを書いていて、私から特にタクシーに乗るときの注意点などを書き加えるようなものはありません。

そういった情報系の記事には悪徳タクシーの被害に遭わないための方法が書いてあるのが殆どですが、今回は少し違った視点で真面目なローカルタクシードライバーについて書いてみようと思います。

在住者でも悪質なタクシーにやられるケースはもちろんあります。なのでタクシーに対する目線もある程度厳しいものにならざるをえないんですが、ボッタくらずに真面目に働いているドライバーにとっては迷惑な話です。

 

f:id:dtbh:20170830182653j:plain

・一部の悪質なタクシーのせいで迷惑している真面目なドライバー

ハノイではタクシーの通行が禁止されている通りというのがいくつかあるのですが、その事情を知らない人(特に外国人)には一見遠回りされているような感じがします。私はハノイの地理には明るいのでそういったことも分かっているのですが、真面目なドライバーは自分が遠回りをしているわけじゃない旨をきっちり説明してきます。彼らにとってもあらぬ疑いを持たれたくはないのでしょう。ただしローカルドライバーはベトナム語しか話せないので、外国人相手にはなかなか説明が難しい部分もあるかと思います。

 

・覆面タクシーの存在

一見白タクと思いきや、実はちゃんとしたタクシー会社というケースもあります。上で書いた通りタクシーが入れない通りというのがあるんですが、その規制をすり抜けるための覆面塗装というわけです。道路の規制をすり抜けるという意味では悪いことですが、利用者にとっては最短ルートで目的地まで運んでくれるありがたい存在です。

 

・外国人をカモにしない白タク

「白タク=悪いタクシー」とも限りません。副業で日銭を稼ごうとする人は寧ろタクシー会社の平均よりも安い言い値で向かってくれるのもいたりします。昔、私がハノイ市内の端から端まで移動するときに10万ドンで行ってくれたドライバーがいました。普通のタクシーなら20万ドンぐらいする距離です。ただし最近ではウーバーの出現により以前と比べて利用者が減っているとのこと。

 

 

外国人を狙った悪いタクシーはもちろんいますが、以上のような真面目なドライバーが取り上げられることはあまりないので、この場を借りて紹介しておきます。

 

 

ベトナム語で「足が大きい」意味

f:id:dtbh:20170828212820j:plain

ベトナム人の友人「日本の女子学生は足が大きいね。」

私「まあね。」

 

特に何も考えずにそう返答しました。ベトナム人は日本人と比べて平均身長が男女とも5㎝ぐらい低いので、足も日本人より小さめです。私は27.5㎝あるので、ベトナムでサンダルや靴を買おうにもそのサイズは中々見つかりません。

しかしなぜ改めてそんなことを聞いたんだろうと思ったとき、ベトナム語⇎日本語の訳し違いであることに気が付きました。

 

ベトナム語でchân toは「足が大きい」が直訳です。  chân=足  to=大きい

しかし実際の意味は「脚が太い」。この友人は日本語に直訳してこのような誤訳をしてしまったわけです。謎が解けたところでふと我にかえります。

 

私 「日本の女子学生の脚が太いって?(怒)」

 

f:id:dtbh:20170828213317j:plain

自国の女の脚をけなされたら、日本男子として黙ってられません。

 

私 「そりゃ太いやつもおるけど、個人差があるやろ!てかベトナムでも太いやつおるやん!!」

 

友人「でも割合的には日本人の方が多いと思いますよ。」

 

 

もう少しその友人の主張を掘り下げてみると以下です。

「学生(中高生)は毎日スポーツ(クラブ活動)をしている。真夏は真っ黒な子も多くて、鍛えているから脚が太い。」

うん、確かにベトナムはクラブ活動もないし日焼けは絶対にしたがらない。且つ全体的な運動量も日本より少ないから単純に筋肉量が少ないという意味で、脚が日本人より細いというのは理屈的に頷けます。

そう言われてみたら日本の中高生の方が脚が太いような。。。

でもこれは肥満とかではなくてあくまで健康的に成長している証拠なんだから悪いもんではないと言いたいところです。

 

その友人曰く、「ベトナムでも山手の人はよく坂道を歩くから脚が太い」とのこと。

 

普通のウォーキングとかジョギングだけでは脚は太くならないもの。しかしベトナムの山手といったら凄い田舎で、重い荷物を担いで坂道を上り下りしてそうですから妙に納得できます。ただ大人になったら日本人もベトナム人も脚の太さはそんなに変わりません。

 

「子供のときにちゃんと鍛えて、引き締まった脚の方が質がいいに決まっている。同じ太さでも中身が違うんじゃ!年取ってからの弛みに差がでるぞ!!」と喝破。

 

 

自分でもどうしてこんなにムキになったのかよく分からない出来事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナムって徴兵制度あるの?

         f:id:dtbh:20170827155156j:plain

ベトナムで生活していると軍隊を見る機会がよくあります。街中には軍の施設がたくさんありますし、テレビを見ていても軍隊関連の放送が頻繁にされています。

軍隊のある国では徴兵制を実施している国もたくさんあります。例えば同じ東南アジアのタイならくじ引きで徴兵に行く人を決めたりしますし、韓国なら健康な人の場合一定期間入隊しなければなりません。それが嫌で何とか不健康であるかのようにごまかしたり、中には自殺をする人までいるのだとか。

私の韓国人の友達も二度と行きたくないと言っていました。徴兵制がそれほど厳しいものだというのは容易に想像がつきます。

 

では、ベトナムではどうなのかというと強制的な徴兵とかいうのではなく、学校教育の一環として2週間から1カ月程度、研修のようなものがあるそうです。高校生や大学生でそういった研修に参加するようですが、そのときに軍隊の行進であったり、簡単な銃器の取り扱いを学ぶのだとか。ただ先ほどの韓国の青年とは違い、ベトナム人からは「楽しかった」なんて感想が返ってきたりします。

         f:id:dtbh:20170827160251j:plain

多分そんなに厳しくないんでしょう。友達と軍服を着て楽しそうに写真を撮っているところなど、何となく校外学習の延長のような雰囲気を感じてしまいます。日本語のサイトで軍服を着た可愛いベトナムの女の子が紹介されいますが、ベトナム人の友人が

「それは本物の軍人じゃなくて演習に参加している学生だと思うよ。そんなサイトを見てベトナムの軍隊に美人が多いと勘違いしない方がいいよ(笑)」と言っていました。

           f:id:dtbh:20170827162301j:plain

私の嫁の親族には軍隊の関係者がたくさんいます。同じ軍隊でもガチの戦闘員系からそのバックアップ的な軍人まで様々ですが、たまたまなのか、皆さんとても優しいのでベトナムの軍隊には私は良い印象を持っています。

因みにベトナムの軍隊は公安と比べて結構民衆から敬われる存在らしいです。ただ嫁曰く、

 

「軍隊は苦労に見合った給料ちゃうから、国に対する使命感みたいなんがなかったらできへんで。」

 

とのこと。その辺りは日本の自衛隊にも共通しているような気がします。

 

 

ベトナムでは未婚カップルの宿泊が御法度!?

f:id:dtbh:20170827134207j:plain

ベトナムでは未婚の男女が夜22時以降、同じ部屋にいてはいけないという法律があります。とは言ってもこの法律はグレーな部分も多く、よく分からない部分が結構あります。

 

日本人がベトナムで現地妻のようなものを囲うために、自分のマンションへ連れ込もうとする人がよくいるらしいんですが、現地の不動産会社からは「やめてください」と釘をさされるようです。

この話題に関心を持つ在住日本人が結構多いので、私が分かっている範囲に私見を少し交えて書いてみます。

 

 

・この法律自体は確かに存在する

グレーではありますが、確かに存在します。22時以降、未婚の男女が密室にいてはいけない。これはベトナム人同士のカップル、外国人&ベトナム人のカップル、外国人同士のカップル全てが対象だそうです。ただし外国人同士のカップルについては、取り締まるのに無理があるので実質対象外のもよう。

 

・この法律は売春を取り締まるために存在する

売春行為を働いたとして現行犯逮捕しようにも、ピンポイントでその行為に及んでなかったら立件するのが難しい。なのでこの法律を適応することで、たとえ踏み込んだ時点でその行為に及んでなかったとしても、明らかにクロな場合は立件しやすいのではないかと。

 

・ただし本当にシロなカップルの場合は問題ないとの声も

たとえその容疑をかけられたとしても、シロの関係であることが認められた場合は問題ないとの声もあります。ベトナム人の友人が言うには

「例えばお互いの個人情報(出身地や誕生日、所属先など細かければ細かいほどいい)を理路整然と言うことができれば問題ないですよ。つまり自分たちはその場限りの仲じゃなくて、ちゃんと愛し合ってるカップルなんだと分かってもらえれば大丈夫。」

確かにその場限りの関係の場合、個人情報を詳細に答えるのは難しいと思います。ベトナム人同士のカップルならそれで回避できるのかもしれません。

 

・高級ホテル(特に外資系)では未婚の男女は宿泊を断られる ※例外有り

例えば5つ星の外資系ホテルでは外国人とベトナム人のカップルの場合、結婚証明書の提示を求められます。これは上記の法律に違反しないためであることは言うまでもありません。外資系で大きい企業の場合、その辺りのコンプライアンスを徹底しているのでしょう。因みに有名な東屋ホテルでもしっかりその旨を提示してありました。

f:id:dtbh:20170827133024j:plain

・高級じゃないホテル(主に3つ星以下)では未婚の男女でも宿泊可能

法的にはだめですが、ホテル側で操作をして名目上可能にしているとのことです。聞いた話では同じ部屋に泊まって料金も一部屋分しか払っていなくても、宿泊帳簿上では別々の部屋に泊まっているように記帳しているとのことです。これをすることで一部の高級ホテルを除いてカップルの宿泊を可能にしているみたいです。まあホテル側としてもカップルの宿泊を取りこぼすと多大な損害でしょうからねぇ。

 

・外国人向けのサービスアパートなどへの連れ込みはリスクを伴う

上記のようにホテルを介す場合は名目上の操作ができますが、サービスアパートなどの場合、そういった処理ができません。それに入り口の守衛はそういったことを気にします。もし何か問題が起きたときに止めなかった守衛に責任が及んでも嫌なものでしょう。貸している不動産会社にも少なからず迷惑がかかります。

 

 

以上から未婚のカップルで一夜を明かすには多かれ少なかれリスクを伴うことを理解しておいてください。前に言ったように完全にシロなカップルであったとしても、相手が外国人であるために、何かしらの金銭を要求される場合も考えられます。ホテルに宿泊できた場合でも、ホテルと公安がグルである可能性もゼロではありません。

一応、私の周りではそういった手入れを受けたという人はいませんが、又聞きではあります。遊び感覚で大きな代償を払うハメになってしまわないようお気をつけください。

 

 

 

 

*本記事はあくまで個人の私見と聞いた話で構成していますので100%正確だという保証はありません。上記に則って何か問題が生じた場合でもすべて自己責任でお願いします。